婚活・結婚相談   愛着障害でも結婚できる方法

愛着障害の治療には心理療法

幸せな恋愛と結婚をするためには愛着障害について理解すべき

催眠

最近の研究で、成人の30パーセントがなんらかの愛着障害をもち、それが対人関係とくに恋愛と結婚に支障となっていることがわかってきています。愛着障害とは幼児期の両親との葛藤によって生じます。かつてはひどい虐待や育児放棄の事例ばかりが問題視されていましたが、一般家庭でも、幼児期の両親との接し方の歪みにより、簡単に不安定型愛着障害が起きていることがわかったのです。ほとんどの恋愛の苦しみ、結婚の苦しみがこの愛着障害からきているとしたら、この問題を抜きにして結婚も幸せな夫婦も語れません。不安定型愛着障害とは、実はカップルのどちらかが不安定型愛着障害をかかえる確率は50パーセントにもなることがわかっています。さらには三人の人がいるとするとそのうち一人が不安定型愛着障害をかかえる可能性は70パーセントもあります。対人関係や生き方の特性を根底で支配している愛着障害を理解することで、誰でも幸せな恋愛と結婚を実現できるのです。自覚することではじめて克服するための第一歩が開かれます。その意味で、まずどのようなものかを理解することが不可欠です。
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。
更新履歴