愛着障害の特性

愛着障害の治療には心理療法

愛着障害の特性

愛着障害は幼い頃の母親との死別や離別でも
起こりますが、その場合に、代わりとなる養育者がいて、
その人に十分な愛情をもらえば、悪影響は小さくなります。


しかし、過保護に育てられたり、養育担当者が複数かかわるなど、
ちょっとした影響で、マイナス影響となります。
それだけ母親の代わりは難しいということです。


愛着障害をもっている両親に育てられることで、その子も
愛着障害になってしまうこともわかっています。


親から受け入れられ、評価されることで子供の自己肯定感は
強まるのですが、親の受容と愛が不足することで愛着障害となるのです。


母親は子供にとっての安全基地であり、この心の安全基地が機能していれば、
健全な対人関係を構築できるようになるのですが、


それが欠けていると、誰彼なく身近の人を安全基地に見立てて、
その人にすがりつくような行動をとります。


しばしば恋愛依存症といわれるものも、これが恋愛において出たものといえます。
こうなると、恋愛対象に依存していき、最後は相手の負担になってしまうので、
関係は破綻してしまいます。


すると、またすぐに別の依存対象を見つけて、同じことを繰り返すのです。
そのため、いつまでたっても幸せで安定した家庭をつくることはできません。

愛着障害の特性記事一覧

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。