40歳を過ぎても幸せな結婚はできる

愛着障害の治療には心理療法

正しい知識を学べば、幸せな結婚は叶う

40才を過ぎると、恋愛や結婚に関して、あきらめムードになってしまう女性が増えてきます。しかし、まだあきらめるのは早いです。現代は、男性も晩婚化が進んでいます。
男女とも初婚で35才以上というカップルも増えています
また一度離婚を経験して、今度は幸せな再婚を実現したというケースも多いです。


うまくいく人とうまくいかない人にどのような違いがあるのか。それを知ることで、中年以降でもステキな恋愛ができるのです。そして幸せな結婚ができるのです。もし、あなたが50才をむかえていなければ、妊娠、出産の夢を叶えることも不可能ではありません。今は、そんな恵まれた時代なのです。幸せになれる恋愛の極意とは?理想の結婚を実現するために知っておくべきことは?こうした知識を正しく学ぶことで、負け組から勝ち組へと逆転できるのです。


あなたが、一人の男性と交際していたとします。この男性をとても好きで、愛していました。ところが、男性のほうは次第に気持ちが覚めていき、ついには別れることになりました。あなたは「絶対に嫌だ」といいました。別れるぐらいなら死んだほうがましだといいました。しかし、別れは避けられませんでした。なんて不幸な人間なんだろうか。私の人生はお先真っ暗だわ。私は悲しい不幸な過去を背負って死ぬまで不幸に生きていくんだわ。ところが、あなたに新しい出会いがありました。今度の男性は前の男の数倍すばらしい人です。あなたをとても大切にして愛してくれます。そして、結婚しました。今とても幸せです。あなたはここで、過去のことをこう思っています。「あのつらい別れがあったから、今の幸せがあるんだわ」そうです。この時、過去の出来事の意味付けが変化したのです。マイナスの過去が、意味のあるプラスの過去に変わったのです。


このように過去の出来事は、今、あなたが幸せであるかどうかで、プラスにもマイナスにも評価が書き換えられる。つまり、過去は変えられるのです。出来事そのものは不変でもその解釈は180度、逆転します。どんな過去でも同じです。今、あなたが幸せをつかむことが大切なのです。そのために行動しましょう。



浮気されやすい女性には、三つのタイプがあります。



一つ目は、好きになった相手をどこまでも追いかけてしまうタイプです。
これは、男性側に優越感を与え、主導権が完全に移ってしまいます。


二つ目は、自分に自信がないため常に相手の顔色をうかがうタイプです。
これは「おれが付き合ってやっている」という感覚を男性に与えてしまうため、
相手のわがままが増大して、コントロールされてしまうのです。
これは恋愛依存症の傾向がある女性で多く見られます。


三つ目は、常に愛されていないと不安と寂しさで精神の安定が保てないタイプです。
これは不安自滅型ともいえるもので、この不安から激しい嫉妬心が湧いて、
その結果、男性を束縛、拘束してしまい、うっとうしいと思われてしまうのです。
これも恋愛依存症の一つの型です。


この場合、普通ならうまくいくはずの関係が、相手を疲れさせ、浮気を誘発することも。
浮気をされてしまうタイプの女性の共通点はセルフイメージが低いことです。
もっと自分を大切にし、愛することで、恋愛における安定性が出てきます。



太っているというのが、女性にとって、もっとも不利な恋愛における肉体的特徴となります。男性が嫌う女性の特徴としては、暗い、太っている、服装が地味すぎる、というのが三大マイナスポイントです。男性は、暗い女性を嫌います。これは、暗い雰囲気、マイナス思考、愚痴や不満が多い性格のことで、これらがあると、男性は、引いてしまいます。服装が地味すぎるのも良くないです。第一印象を引き下げてしまい、暗い人かと思われてしまいます。できるだけ明るく、おしゃれな服装を心がけ、言葉に気をつけてマイナスの言葉を口にしないようにしましょう。その上で、ダイエットに励みましょう。ダイエットにはいろいろな方法があります。



幸福な恋愛は、精神的にも肉体的にも深く男女を結びつけます。



互いの信頼と敬愛を基調とした理想的な男女のつながりは、人生を豊かにします。
アメリカ人の性心理学者ジョイ・デイヴィッドソン博士は「セックスで得られる驚くべき10の健康的効果」として、下記の項目を発表しています。

1.ストレスを和らげる
2.免疫力を上げる 
3.カロリーを消費する 
4.心臓疾患のリスクを低減する 
5.自尊心を高める
6.恋人と親密になる 
7.苦痛を取り除く
8.前立腺ガンのリスクを取り除く
9.骨盤底部筋を強化する
10.よく眠れる

セックスは、心身ともに健康にしてくれる素晴らしい営みです。しかし、一方で、セックスレスに悩むカップルや、セックス依存症に苦しむ人々もいます。

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。