リストカット

愛着障害の治療には心理療法

自殺したいと考えている人、自傷癖の人

催眠

リストカットやODなどの自傷行為は、自己破壊願望が根源にあります。これは、自己否定の観念であり、愛着障害の産物です。幼児期に十分な愛情表現を親から受け取れないと、このような自己破壊の観念の保持者つまり愛着障害になりがちです。ですから、幼児期の母親、父親の対応はきわめて重要です。今は、共働きであることが当たり前であるかのように言われています。幼児期には、特に五歳ぐらいまでは、母親が常時、自宅にいて、子供と密着し、たえず保護と愛情を与えることが情緒を安定させるのです。それが人格を円満とし社会に益する人材を育てるもとです。愛着障害の人を減らすにはこれしかありません。ですから、社会を良くしたいのであれば専業主婦を支援しなければならないのです。

愛着障害について教える親学の普及も重要

母親の愛情が幼児の潜在意識に大きな影響を与えることを中学生ぐらいから教育しなければ取り返しがつかないのです。自殺を願う若者やリストカットをする愛着障害の若者はその意味で国の無策の被害者でもあります。自分の死を願うことと他人の死を願うことは、潜在意識の世界では同義になります。これは呪いをかけているのと同じことなのです。親学で愛着障害についての知識を普及させることで、若者に自覚が生じ、みずからの心の傷を癒し、立ち直ることを助けるのです。客観視できることは、問題解決の第一歩です。愛着障害という概念を理解するだけでも大きな効果があります。虐待の連鎖を断ち切ったり、不幸な子供達を救うためにも政府はこうした取り組みを開始すべきなのです。
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。