なりたい自分になることを決断する

愛着障害の治療には心理療法

潜在意識を動かすには自分が「本当は何をしたいのか」考える

催眠

自分がどうなりたいのか。本当にしたいことは何なのか。それがわからないままに悩んでいるという人がいます。「心の病気であることを大切な人達に知らせておくほうがいいですか?」と質問してくる人に、「むしろ、私は健康ですと宣言し、そのようにふるまっていくと、本当に治っていきますよ」と回答すると、「もし、具合が悪くなったらどうするんですか?そんな答えをするのは人間ではありません(怒)」と憤慨します。この人は、本当は病気であることを望んでいるのです。病気であれば、周囲から大事にされる。だから知らせるほうが都合がよいのです。それなのに逆の回答が来るので、不快になっているのです。「治りたい、よくなりたい」というのが、自分の本当にしたいことであれば、どうすればそれが叶うのかを考えます。そのためのアドバイスも受け取ることができます。ところが、「自分に病気という付加価値がつくことで、自分が大事にされる、周囲の愛情を受け取れる」という観念がなかなか捨てられないのです。これでは、病気を手放すことは永久にできません。この人にとって病気は、周囲から愛情を奪うための道具として、絶対に手放せない存在となっています。周囲の愛情は、こんな小道具を使わなくても得られます。それは自分が愛情を先に出すことです。出したものは必ず戻ってくるのです。

本当に望むことは周囲から愛されることだった

病気に頼らなくてもそれは実現できます。自分が本当は何をしたいのか、本当はどうなりたいのか。この問いかけは大事です。「自分が本当は何をしたいのか」がわからないと、的外れな質問、本質からずれた質問をするのです。自分がどうなりたいのかについて、よくわかっていないからです。「自分の本当の目的から見ればどうでもよいこと」で悩んで、堂々巡りをしていることはありませんか?自分の本当の目的をたえず振り返るようにすることはとても大切なことです。潜在意識を正しく運用し、因果応報の法則をプラスに活用する道です。自縄自縛から脱するには観念の枷を外すのです。人生が行き詰ったようになっている人の共通点は、「不自由な視点から不自由に観察している」という状態になっているところです。「この場で一生懸命頑張り続けるのが正しいのだ」「子どもは親にこのように対応するのが正しいのだ」「夫婦はこのようであるのが正しいのだ」などなど、いろいろなことを頑強に思い込んでいるのです。その観念の枷が自分を縛り、自縄自縛の状態をつくるので、とても苦しく不自由になります。

自分を負の観念で支配することは苦しく不自由なこと

また伴侶や親や子を観念で支配することも苦しく不自由なことです。そのようなネガティブな支配からは、解放されて自由になりたいのが人の自然な姿です。過去や人のネガティブな部分をいっしょうけんめいに見つめることに縛られるのではなくて、自分の今と未来を幸せなものにするために、自分のビジョンを作っていくことが大切です。今と未来のビジョンを一生懸命に考えているときには、今と未来の理想像の中の自分、周囲の人、家族はいますが、それはとても幸せで理想的な姿なのでストレスがありません。自分が見る方向をどこに向けるかです。ネガティブなものに意識を集中させてしまっていたのをやめて、別のところに意識を集中させるだけです。意識が集中すると、幸せな感情が沸いてくる未来のビジョン、つまり夢と希望に、自分の意識をむけるということです。それは下をむいていた人が上をむくようなものです。そうするだけで見ている世界が変わってきます。人は自分の意識がフォーカスしたものを引き寄せていきます。もっと自由に世界を見れば自縄自縛から解放されます。心に念じているセリフがあなたの現実をつくります。あなたの信念があなたの人生の現実をつくります。自分で書いた人生脚本を書き変えることは可能です。この教材をぜひ学んでください。
神伝トリニティ願望成就法


 

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。