愛着障害でも恋愛できる

愛着障害の治療には心理療法

愛着障害でも恋愛も結婚もできます

あなたがもし、自分を愛着障害だと感じているなら、
正しい克服の方法を学ぶことでそこを脱却して、幸せな恋愛と結婚を
叶えることができます。


「自分が自分の親になる」ワークを実践することが基礎ですが、
もし、身近に心の安全基地になってくれる人がいるのであれば、
その人の助けを借りていけばもっと早いです。


信頼できてなんでも話せる人がいるなら、過去のことをすべて話すことで、
それを客観視できるレベルまで俯瞰できるようになります。


親への思いをすべて言葉にして語りつくすことは有益です。
それができない環境にいる人は、瞑想や祈りの中で、心の中の
親と語り合うことで同じように、俯瞰的な見方が育ちます。


そして日常においては自分が自分の親になり、親としての自分が、
日常の自分と対話して教えて導くような心の訓練をしていくのです。


回避型でも不安型でも、この方法を行ううちに歪みが是正されて、
安定型の愛着スタイルが回復してきます。
すると、健全な恋愛と結婚ができる対人関係能力が育ちます。

愛着障害でも恋愛できる記事一覧

dummy
オキシトシンというホルモンの働き

親切なコミュニケーションでホルモン分泌が増し、愛着障害を癒すことができます。赤ちゃんが母乳を吸うと、母体では、オキシトシンというホルモンが、脳下垂体後葉という場所から分泌されます。このオキシトシンというホルモンは、親密感をもたらし、心を癒します。幸せホルモンとか愛情ホルモンとか癒しホルモン呼ばれるのもそのためです。オキシトシンは男女問わず分泌されていますが、それが特に刺激されてたくさん分泌されるの...

続きを読む
dummy
好意を抱かせるテクニック

潜在意識コミュニケーションとは催眠理論で異性と親密になる方法です。異性から好かれるためには、潜在意識の働きを理解する必要があります。意中の異性を射止めたい場合でも、ナンパという手段で、見知らぬ女性と親しくなる場合でも、共通した法則がわかっています。心理学の研究で、「リラックスと挑発」という二つの要素について、しばしば指摘されます。男性が女性を上手に口説くにも、女性から男性にアプローチする場合にも、...

続きを読む
dummy
恋愛ホルモンの働き

恋愛においては、付き合う前と、付き合いだしてからとでは男女の内分泌に変化があることを御存知でしょうか。恋に落ちた直後の段階では、男性ではテストステロン濃度は低くなり、反対にオキシトシン濃度が上昇します。テストステロンは男性ホルモンであり、性衝動を促すホルモンでもあります。またオキシトシンは愛情ホルモンとも呼ばれます。恋人との結びつきをできるだけ早く強固なものにするために男性のホルモンはこのような変...

続きを読む
30過ぎたら天然プロゲステロンを使う

女性にとって若さを保ち、心を健やかに維持することは、良い恋愛、良い結婚をする上でも大切なことです。PMS(月経前緊張症候群)の女性や、生理不順、月経痛などに悩む女性は、生理周期によって心の調子まで浮き沈みしたりします。またホルモンバランスが崩れることで、うつ状態になったり、パニック発作を起こしたり、不眠症になることもあります。これまで、こうした女性の心身のアンバランスにかかわるのは、エストロゲンと...

続きを読む
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。