好意を抱かせるテクニック

愛着障害の治療には心理療法

相手に安心感を与える会話の仕方

潜在意識コミュニケーションとは催眠理論で異性と親密になる方法です。異性から好かれるためには、潜在意識の働きを理解する必要があります。意中の異性を射止めたい場合でも、ナンパという手段で、見知らぬ女性と親しくなる場合でも、共通した法則がわかっています。心理学の研究で、「リラックスと挑発」という二つの要素について、しばしば指摘されます。


男性が女性を上手に口説くにも、女性から男性にアプローチする場合にも、この二つが重要な要素です。そして、リラックスも挑発も、潜在意識に働きかけることで、スムーズに実現します。潜在意識を動かすコミュニケーションを知り、モテない人からモテる人に自分を変えましょう。特に、女性は好意と愛情の境界が明確であり、まず好意を持つことがなければ、それ以上の関係になれません。そこで、好意を抱かせるテクニックが大切になってきます。女性から好意をもたれるには、会話の技術が必要です。それが潜在意識コミュニケーションのスキルなのです。これは女性が男性と親しくなる場合もまったく同じです。


安心と心地よさを与える同意の仕方を学ぶことが大切です。異性に安心と心地よさを感じさせる会話とは、無批判に受け止め、賛同する同意のコミュニケーションです。自分の意見や感情を、そのまま相手に受け入れられると、人は安心感を得ることができるのです。そして、認めてくれた相手に好意を持つようになります。無批判に受け止めてくれるというのは、存在そのものを肯定されたという意味となるのです。気になる異性の好意を勝ち取るには、会話においては、「そうだね」「そうなんだね」と同意の言葉をできるだけ発しましょう。


態度や関心を共有することで、一体感や所属感が自然に形成されてくるので、どんどん心を開きます。「この人わかってくれる」と思わせれば勝ちです。恋愛関係を進展させたいなら、否定や説教は、絶対にやめておきましょう。人間にとっての最大の報酬とは自己重要感の承認なのです。自分の価値を相手が認めてくれているとき、人間は自己重要感が満たされます。特に大切なもののは、社会的一体感や所属感です。自分の意見を理解してくれていると相手に思われることは重要です。共感していることを伝えるには、うなづきが大切です。「うん、うん」とあいづちを打つのです。


「自分をわかってくれる人なんだな」と思われてはじめて、異性の心を開かせることができるのです。うなづきは相手にリズムをあわせてテンポよく少し大げさなぐらいにはっきりと表現してあげましょう。態度や関心を共有する中で得る社会的一体感、所属感が最も重要です。


非言語コミュニケーションについても理解を深めましょう。非言語コミュニケーションができないと、異性との会話を思うように誘導できません。非言語コミュニケーションというのは、うなづきの動作や、アイコンタクト、表情などです。深く相手の心に承認されているとの満足感を与えるには、いつもより大きめにうなづいて、話を聞いてくれる人という印象を生み出すようにしましょう。非言語での表現が上手であればあるほど、多くの人と親しくなれることがわかっています。相手が話したいことを話せるように促すには、うなづき、アイコンタクト、表情に気をつけるようにしましょう。


好意を伝えるには簡単な方法があります。親しげに相手の名前を呼ぶだけで好意を伝えることができます。親しげに名前を呼ばれることで、人間は相手の好意を感じ取ります。できるだけ苗字よりも名前を呼ぶようにしましょう。相手との距離が一気に縮まります。はじめは苗字にさんづけで良いですが、会話が進んだらできるだけ早く、下の名前を呼んでいきましょう。下の名前にも最初はさんづけで呼びます。呼び方の変化は、さりげなく自然に変えましょう。いちいち断りを入れるようでは、うまくいきません。また、「ありがとう」と言う言葉を機会を見つけては伝えましょう。また、相手が好きなテーマを話題にすることも、大切です。好感をもてる話題を扱うと、その相手にも好感をもつようになるのです。


 

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。