オキシトシンというホルモンの働き

愛着障害の治療には心理療法

愛着障害を癒す鍵はオキシトシン

催眠

親切なコミュニケーションでホルモン分泌が増し、愛着障害を癒すことができます。赤ちゃんが母乳を吸うと、母体では、オキシトシンというホルモンが、脳下垂体後葉という場所から分泌されます。このオキシトシンというホルモンは、親密感をもたらし、心を癒します。幸せホルモンとか愛情ホルモンとか癒しホルモン呼ばれるのもそのためです。オキシトシンは男女問わず分泌されていますが、それが特に刺激されてたくさん分泌されるのは、人間同士のスキンシップです。抱擁、ハグなどの行為はオキシトシンを分泌させます。それだけではなく、軽いタッチングでもオキシトシンが出ます。

オキシトシンが出ると人は親近感を感じ、相手を信頼する

タッチするほうもされるほうも同じようにオキシトシンが出ています。会話で軽く相手をタッチすることは、オキシトシン分泌効果があるのです。もし、まだパートナーがいない人でも、オキシトシン分泌を増やすことはできます。それは日常のちょっとした工夫で可能なことばかりです。最近の研究では、タッチしなくても、ただ、その人に親切な言葉をかけてあげたり、親切な行為をするだけでオキシトシンが出ていることがわかってきました。これは親切にするほうだけでなく、されるほうにも同じ反応が出ます。親切な言葉をかけてあげるだけでコミュニケーションが良い方向にむくということです。つまり、信頼と安心感をもたらすのです。好意的な笑顔で微笑むことや、親切で思いやりに満ちた言葉かけの刺激でもオキシトシンは分泌されることもわかってきています。愛着障害の改善のためには、オキシトシン分泌を増やすことに意識を向けていくと良いのです。人に親切にするということなら、実践は簡単です。
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。