もてる会話術とは

愛着障害の治療には心理療法

異性にもてる会話の基本

催眠

異性との関係を好転させるもっとも重要な会話の心がけは、「ほめる・認める」です。男性は、プライドの高いところがあり、ズケズケ言う女性は嫌われます。ものごとはオブラートにくるんで表現する配慮が必要です。同時に、批判などをしない心がけも大切です。これを受容的、共感的な会話といいます。どんなときでもニコニコしている女性や、ふんわりと包み込んでいける女性は癒しのパワーでモテモテです。一緒にいるといい気分になれて安心できる相手は男女とも人気です。男性をむやみに否定せず、「そうなの」「すごい」と相手を持ち上げる余裕が大切です。

受容的、共感的な会話を心がける

異性を心からほめようと思ったら、話の内容をよく聞いて理解を深める必要があります。「すごいなぁ」「もっと話を聞きたいなぁ」という気持ちがいつでももてるためには、相手への関心がなくてはできません。これが欠如して、言動が自己中心的な人は、異性にもてないのです。男性に限らず誰でも自分の話を聞いてもらいたいと思っています。相手の話をつまらなさそうにきく人は、異性からも同性からも敬遠されることになるのです。相手を認め、相手を勇気づける会話を心がけましょう。
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。