異性のニーズを満たすには

愛着障害の治療には心理療法

異性から見て魅力ある存在になるには

催眠

理想の伴侶を手に入れるためには、魅力的な自分を作る必要があります。婚活をしても、なかなか結婚できない女性はどこに問題があるのでしょうか。実はその秘密は、自分をどうやって、相手に売り込むか、という発想にあります。合コン、紹介、どんな形でも、あなたが魅力を感じる男性に、あなたを選んでもらうためには、どうすれば良いでしょうか。それは、あなたという価値を、男性にしっかり伝えること。その秘密はマーケティング理論から考えることもできます。「私」という商品を、「理想の夫」という顧客に売る発想です。人間心理を理解し、魅力を伝える方法があります。最初にすべきことは、あなたが「結婚」に「本当に求めているもの」を明確にすることです。結婚してどんな幸せを創造するのかです。これがしっかりわかれば、次はパートナーの像を定めます。

「本当に求めているもの」をかなえてくれる男

あなたの理想はどんな男なのかを明確化しましょう。その外見、年齢、性格、仕事、価値観、収入、趣味などなど。ターゲットとなる男を見つけたら、まずは営業トークです。そして、相手のメールやフェイスブックからニーズを探って、「他の子とは違う」自分を差別化して売り込みます。幸せな男女の結婚が増えるためにはコミュニケーション力を高めることがもっとも重要です。コミュニケーション力が低い女性は、男性のハートを射止めるためには、男性の心を癒せるような、会話のテクニックを学ぶことが大切です。ところで、日本は、少子化であるとされていますが、その一方で、ワーキングプアのために、結婚できない、子供を育てられない、といった人が増えています。いま、安価な労働力として外国人の労働者をたくさん入れようとしているようですが、外国人が増えれば、必ず治安が悪化します。これは、スウェーデンやドイツでもそうなっています。そして平均賃金が下がり、平均年収が下がる悪循環が社会に蔓延します。安易な外国人受け入れで日本が住みにくい国になれば結婚して、子供を育てることができない男女が増えることになります。外国人を日本に入れることをやめて、日本人の賃金を上げれば、ワーキングプアも減り、幸せな男女の結婚も増えるでしょう。
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。