異性の気を惹く服装

愛着障害の治療には心理療法

第一印象を良くするために工夫が必要

男性は、コンサバティブな服装に惹かれます。
女性らしいファッションなら良いのですがあまりに個性的だとそれだけで引いてしまうのです。
初対面ではお互いの性格もよくわからず男性は外見で判断せざるをえません。


毎日のように顔を合わせる相手であれば、時間をかけて落とせますが、
そうでない場合には、ファッションがまずいのは非効率です。


パンツよりスカート、スニーカーよりパンプス、厚手のニットより透け感のあるもの。
そして胸やヒップラインがしっかりと出る服。
これらは女性だからこそ着ることができるファッションで、
女らしさの象徴です。女らしさ満開のファッションなのです。


ファッションでは清楚で色香もあるような雰囲気をかもし出します。
ピンク、白、水色などのパステルカラーを多用し、肌見せ、網タイツなどの工夫をしましょう。
あまりに露出度の激しい服は軽いオンナに見られるので、効果は半減します。


男性はパンツよりスカートを好みます。
またロングスカートよりも短めのタイトスカートが好きです。
これは脚をぴたりと閉じている女性のしぐさに女性らしさを感じるためです。
閉じているものは開きたいと思うのが男性心理なのです。


ミニのタイトスカートやノースリーブは
ただ、着るだけでも女性らしさをアピールできるのです。
デートの回数を重ねるごとに、着ていく服装を変えることで、
彼の印象を変化させることができます。


初めてのデートでは清楚で知的な雰囲気になるように
パンツにニットなどで露出を抑えるようにし、
二回目のデートでは少しの露出があるようなワンピースなどを選びます。
そして三回目には、さらに生地の分量の少ないファッションにします。


そのほか、男性は女性を判断するのは末端のパーツです。
爪、指先、つま先、かかと、唇、まつ毛、毛先などをよく整えておきましょう。


 

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。